Vine Linux バグトラッキングシステム

課題の詳細を表示 コメントにジャンプ ] 課題の履歴 ] 印刷 ]
IDプロジェクトカテゴリ登録日最終更新
0003121VineSeed1 バグ2019-02-08 22:172019-02-08 22:17
報告者shirow_higa 
担当者 
優先度再現性毎回 
状態新規解決状況不明 
概要0003121: [Seed] Kernelを4.14.97-2vl7paeに上げると、dmesg上にDMAR関係の警告がでる。
説明昨日、Seed環境でkernelを4.14.97-2vl7paeに更新した所
dmesg上に以下のような警告が出ます。

'--------------------
DMAR: DRHD: handling fault status reg 2
DMAR: [DMA Write] Request device [00:02.0] fault addr 7700000000 [fault reason 05] PTE Write access is not set
'--------------------

lspciでは、以下の様になります。

$ lspci |grep 00:02:0
00:02.0 VGA compatible controller: Intel Corporation Xeon E3-1200 v3/4th Gen Core Processor Integrated Graphics Controller (rev 06)

使用しているPCの構成は、以下になります。
'--------------------
CPU: Intel Core i5-4590S
M/B: MSI H87M-E35 (BIOS Ver.17.5)
HDD1: Western Digital WD10EZEX-22M
HDD2: Western Digital WD30EFRX-68E
TV-Tuner: Earthsoft PT-3
'--------------------

エラーメッセージを元に検索した所、kernel optionに"intel_iommu=igfx_off"を
記述しろとあったのでgrub.conf追記しました。

とりあえず再起動したところ、dmesgの警告は消えたのですが実害は無いのでしょうか?
タグ設定されていません。
archx86
パッケージ
添付ファイル

- 関連

-  コメント
この課題に対するコメントはありません。

- 課題の履歴
変更日 ユーザー名 項目 変更内容
2019-02-08 22:17 shirow_higa 新規課題


Copyright © 2000 - 2019 MantisBT Team
Copyright © 2012 - 2019 Project Vine
Powered by Mantis Bugtracker