Vine Linux バグトラッキングシステム

課題の詳細を表示 コメントにジャンプ ] 課題の履歴 ] 印刷 ]
IDプロジェクトカテゴリ登録日最終更新
0001096Vine Linux2 proposed-updates2011-01-08 16:042011-02-15 21:46
報告者munepi 
担当者munepi 
優先度再現性不明 
状態完了解決状況不明 
バージョン5.2 
修正予定バージョン修正済バージョン 
概要0001096: [proposed-updates] libpaper
説明libpaper に JIS B 列の用紙サイズを対応させたいと考えております。

 * Package 名
libpaper

 * 対象 Vine Version
5.2

 * update したい理由、詳細
libpaper が対応している B 列の用紙サイズ(..., b4, b5, b6, ...)は、
ISO 規格のものです。
libpaper が JIS 規格 B 列の用紙サイズに対応していないため、
libpaper に対応しているアプリケーションで
JIS 規格の用紙サイズを想定して出力した場合に、
版型の違いが生じます。

また、VinePlus/5 に put を予定している texlive-2009 に同梱している、
dvi から pdf を生成する dvipdfmx を、
将来的な TeX Live への対応も据えまして、
libpaper に対応させたいと思っております。
例えば、texlive-2009 の dvipdfmx を使って JIS B5 版の PDF を出力するためには、
 $ dvipdfmx -p jisb5 hgoe
とすることになります。

本対応において、JIS 規格 B 列の用紙サイズに対して、
接頭語 "jis" をつけておりますが、
pTeX の dvips の用紙サイズを設定している config.ps には、
同様に接頭語 "jis" を付加した用紙サイズの定義となっており、
また、dvipdfmx の用紙サイズを定義している src/dpxconf.c にも、
おそらくそれに習って同様の定義がなされております。

したがいまして、TeX の立場から、接頭語 "jis" を付加した
JIS B 列の用紙サイズの取り決めには、妥当性があると考えられます。

一応、本 libpaper への JIS B series paper sizes 対応パッチを、
upstream に送付しておきました。

 * 参考 URL(あれば)
libpaper
http://packages.qa.debian.org/libp/libpaper.html [^]
タグ設定されていません。
arch
パッケージlibpaper-1.1.23
添付ファイル

- 関連

-  コメント
(0000288)
munepi (管理者)
2011-01-08 23:27

/proposed-updates/5 へ
  libpaper-1.1.23-2vl5.{i386,x86_64,src}.rpm
を put しました。

状態を「テスト中」に変更します。
(0000289)
kazutaka (開発者)
2011-02-12 07:40

テスト期間の1ヶ月を経過しましたが、特に問題は報告
されていませんので、errata 待ちに変更します。

ハラダ
(0000290)
kazutaka (開発者)
2011-02-15 21:46

errata が発行されたので完了にします。

(参考)
http://vinelinux.org/errata/5x/20110212-2.html [^]

ハラダ

- 課題の履歴
変更日 ユーザー名 項目 変更内容
2011-01-08 16:04 munepi 新規課題
2011-01-08 23:27 munepi 状態 新規 => テスト待ち
2011-01-08 23:27 munepi コメント追加: 0000288
2011-02-12 07:40 kazutaka 状態 テスト待ち => errata待ち
2011-02-12 07:40 kazutaka コメント追加: 0000289
2011-02-15 21:46 kazutaka 状態 errata待ち => 完了
2011-02-15 21:46 kazutaka コメント追加: 0000290


Copyright © 2000 - 2019 MantisBT Team
Copyright © 2012 - 2019 Project Vine
Powered by Mantis Bugtracker